「りゅ」から始まる言葉一覧

りゅから始まる言葉

「りゅ」から始まる言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。

検索結果

1件目から20件目を表示次の20件 >
英語の意味を表示する
言葉
読みりゅう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)旗を数えるのに用いる数詞。
「ながれ(流)」も用いる。

他の情報


言葉
読みりゅう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)何かが動く傾向の一般的方向

他の情報


言葉
読みりゅう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)通常、火を噴き、爬虫類のような体で、時として翼を持つとされる

(2)チュートンの神話の生き物

他の情報


言葉
読みりゅう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)通常、火を噴き、爬虫類のような体で、時として翼を持つとされる

(2)体の両脇に付いた翼のような膜組織を広げて滑空することができる熱帯アジア産トカゲ類各種のトカゲ

(3)チュートンの神話の生き物

他の情報


言葉リュダ
読みりゅだ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)遼東半島の南端の北東中国にある産業大都市圏

(2)それは大連と旅順の町を含む

他の情報


言葉リュリ
読みりゅり
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)フランスの作曲家(イタリア生まれ)で、ルイ14世への法廷作曲家であり、国家的なフランスのオペラを創立した(1632年−1687年)

(2)スペイン人の哲学者(1235年−1315年)

他の情報


言葉リュー
読みりゅー
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)フランスの通りか道路

他の情報


言葉留意
読みりゅうい
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(子供や無力な人々に対して)特に注意を払うこと

他の情報


言葉留意
読みりゅうい
品詞動詞
カテゴリ
意味

(1)配慮をする

(2)細心の注意を充てる



言葉劉徽
読みりゅうき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国の三国時代の魏(ギ)の数学者。生没年不詳。
AD. 263、中国最古の数学書『九章算術』の注釈を作る。その中に、円周率の計算、面積や体積計算法、三角法などが述べられている。
唐初にその補遺『海島算経』を出版。

他の情報


言葉柳毅
読みりゅうき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)唐代の科挙の受験生。
洞庭君(Dongting Jun)(洞庭湖の龍神)の娘と結婚する説話がある。

他の情報


言葉流鬼
読みりゅうき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国唐代での、樺太(カラフト)アイヌおよび樺太の呼称。

他の情報


言葉隆起
読みりゅうき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)異常な隆起もしくは部分的肥大

(2)何かから突起しているあらゆる凸面体

(3)何かから突き出す行為

(4)一定の方向から見る際の、水平上の形や立体の描写

(5)高い、または高くした地形

(6)膨れ出るか、突出しているか、その環境から突出する何か

他の情報


言葉流儀
読みりゅうぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)長年の特定の習慣

(2)独特の、習慣的な行い

(3)個人、グループあるいは時代に特有の(言語、芸術、音楽などによる)表現方法

(4)何かがされる方法またはそれが起こる方法

他の情報


言葉流外
読みりゅうげ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)本官の下司(ゲシ)で、位階のない官。流外の官。
中務(ナカツカサ)省の内舎人(ウドネリ)、太政官の官掌(カジョウ)など。

他の情報


姉妹サイト紹介
言葉竜華
読みりゅうげ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)竜華樹の略称。

(2)竜華三会(リュウゲサンエ)の略称。

他の情報


言葉流沙
読みりゅうさ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)広大な砂原・砂漠。
特に中国西部、西域の天山南路タクラマカン砂漠を指す。
「流砂(リュウサ)」,「りゅうしゃ(流砂,流沙)」,「るしゃ(流沙)」とも呼ぶ。漠)

他の情報


言葉竜座
読みりゅうざ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)トビトカゲまたはトビトカゲとして知られている爬虫類属

(2)ほとんどすべての罪に対して死刑を命じる法典を作成した(紀元前7世紀頃の)アテネの立法者

(3)おおぐま座とケフェウス座の間にあり天の北の極をとりまく、光の弱い星座

他の情報


言葉粒子
読みりゅうし
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)物質の比較的小さな顆粒状粒子

(2)有限質量と内部構造があるが、大きさが僅かである物体

(3)何かの物理的な構成(特に物質の小さな要素のサイズおよび形に関して)

(4)何かの小さな破片のこと

他の情報


言葉竜頭
読みりゅうず
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)鋭い鋸歯状の披針形の葉と青色からすみれ色の八重の花弁を持つ花のアメリカの草本

(2)竜頭(リューズ)とは、手巻き式の時計において時刻の調整(針を回す、秒針を停止させる、カレンダーを修正する等)、ゼンマイを巻き上げる、ストップウォッチ等付属機能のを作動させるためのパーツ。指で引張ったり、回したりして使う。英語では王冠の形から「crown(クラウン)」と呼ばれる。竜頭がネジとなっているものを「ねじ込み竜頭(ねじ込み式リューズ)」と呼ばれる。これは防水性を高めることからダイバーズウォッチ、スポーツウォッチなどで使用されることが多い。

他の情報


姉妹サイト紹介
1件目から20件目を表示次の20件 >
英語の意味を表示する
[戻る]


類似検索ワード

「りゅ」から始動物
「りゅ」から始国名
「りゅ」から始植物
「りゅ」から始人名
「りゅ」から始地名
「りゅ」から始駅
「りゅ」から始名詞
「りゅ」から始動詞
「りゅ」から始形容詞
「りゅ」から始副詞


ページの先頭へ