ぺに関係する言葉

検索結果

1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉

(1)合壁 | 詳しく調べる

意味(転じて)近隣。 「がっぺき(合壁)」とも呼ぶ。

言葉

(1)ホンコン風邪 | 詳しく調べる

(2)香港風邪 | 詳しく調べる

意味1968. 6.(昭和43)香港から始まって世界的に流行した悪性のインフルエンザ。風邪),それんかぜ(ソ連風邪),すぺいんかぜ(スペイン風邪)

言葉

(1)感染症新法 | 詳しく調べる

意味1999. 4. 1(平成11)施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の通称。 従来の伝染病予防法では欠けていた患者の人権への配慮が規定された。〈分類〉 1類:ぺスト・エボラ出血熱・クリミヤコンゴ出血熱・マールブルグ病・ラッサ熱など。 2類:腸チフス・パラチフス・ジフテリア・コレラ・細菌性赤痢・ポリオなど。 3類:O-157(腸管出血性大腸菌感染症)。 4類:インフルエンザ・狂犬病・マラリア・黄熱・梅毒・エイズ・ウイルス性肝炎など。 新4類:西ナイル熱などの動物由来感染症。 指定感染症(未知の感染症):政令により1年間限定で指定。原則入院で、全額公費負担。

言葉

(1)てへぺろ | 詳しく調べる

意味「てへ」と笑って「ぺろ」と舌を出す仕草のこと。

言葉

(1)出埃及記 | 詳しく調べる

意味『旧約聖書』巻頭の五書(モーセの五書)の第二書。 前半は預言者モーセ(Moses)の生い立ちと、彼がイスラエルの民(ユダヤ人)を導いてエジプト北部のゴセン(Goshen)を脱出し、シナイ山(Mount Sinai)に至るまでが記されている。 後半はシナイ山上で彼が神ヤハウェから十戒(ジッカイ)が刻まれていた2個の石板を授けらたことなどが記されている。 「エクソダス(Exodus)」とも呼ぶ。ぺんてこすて(ペンテコステ)(1),じっかい(十戒,十誡)

言葉

(1)一攫千金 | 詳しく調べる

意味いっぺんに容易(タヤス)く大金を儲(モウ)けること。

言葉

(1)しきい値演算 | 詳しく調べる

(2)閾値オペレーション | 詳しく調べる

(3)しきい値オペレーション | 詳しく調べる

意味しきい値関数の値を得るためにオぺランドについて行われる操作

言葉

(1)ケピ帽 | 詳しく調べる

意味てっぺんが平らな円形でひさしのついた帽子

言葉

(1)せしめる | 詳しく調べる

意味ぺてんまたはよこしまな方法によって何かを達成する

言葉

(1)物置 | 詳しく調べる

(2)屋根裏部屋 | 詳しく調べる

意味エンタブラチュアのてっぺんの低い壁

言葉

(1)草葺き屋根 | 詳しく調べる

意味カヤ(茅)・ワラ(藁)・ムギワラ(麦藁)などで葺(フ)いた屋根。 「草屋根」とも、カヤのものは「茅葺き屋根」とも呼ぶ。る(ぺんぺん草が生える)

言葉

(1)袖烏賊 | 詳しく調べる

意味ツツイカ目(Teuthoida)ソデイカ科(Thysanoteuthidae)ソデイカ属(Thysanoteuthis)の大型のイカ。体長約1メートル。 外套長80~100センチメートル、重さ10~20キログラム。 ヒレ(えんぺら)は菱形で大きく、触腕に袖状の発達した保護膜がある。 環境によるが8ヶ月くらいで1メートルに成長する。 食用となる。樽流し漁で獲ることから「タルイカ(樽烏賊)」とも呼ぶ。 世界中の温帯・熱帯海域の深海に生息。

言葉

(1)ドンピン | 詳しく調べる

(2)ピンドン | 詳しく調べる

意味ドンぺリピンクのこと。

言葉

(1)ボヘミアン | 詳しく調べる

意味ボヘミア地方(チェコスロバキア)に由来し、民族衣装やジプシーのファッション要素を取り入れたスタイル。ボヘミア地方の民族衣装や、自由放浪なジプシーの要素を持つファッションスタイルで、ジプシーのフランメンコ衣装なども、そのひとつ。ボヘミアンは、ぺザント(農婦)、フォークロア(民族的な)、ロマンティック(詩的な)など、ヨーロッパの民族衣装をイメージしたデザインを表現する言い回しのひとつといえる。

言葉

(1)キューピー | 詳しく調べる

意味ローマ神話の恋愛の神キューピッド(Cupid)を愛らしくデザインしたセルロイド製の人形。 赤ん坊のように大きな頭で目が大きく裸体。頭のてっぺんは頭髪がうずを巻いてとがっている。 「キューピー人形(Kewpie doll)」とも呼ぶ。

姉妹サイト紹介
言葉

(1)七卿落ち | 詳しく調べる

意味三条実美(サネトミ)・三条西季知(スエトモ)・四条隆謌(タカウタ)・東久世通禧(ミチトミ)・壬生基修(ミブ・モトナガ)・錦小路頼徳(ヨリトミ)・沢宣嘉(ノブヨシ)の七人の公卿。変),しんぺい(親兵)(2)

言葉

(1)四大奇書 | 詳しく調べる

意味中国の元末から明代に成立した長編白話小説、『三国志演義(Sanguozhi Yanyi)』・『西遊記(Xiyouji)』・『水滸伝(Suihuchuan)(スイコデン)』・『金瓶梅(Jinpingmei)(キンペイバイ)』の総称。 「よんだいきしょ(四大奇書)」とも呼ぶ。(2),きんぺいばい(金瓶梅)

言葉

(1)台輪 | 詳しく調べる

意味円柱のてっぺんのすぐ上に乗っている

言葉

(1)咽頭扁桃 | 詳しく調べる

意味口蓋垂の後ろの咽喉にあるリンパ組織の塊(鼻咽頭の壁の後部とてっぺん)

言葉

(1)合壁 | 詳しく調べる

意味壁一つ隔てた隣りの家・隣家(リンカ)。 「がっぺき(合壁)」とも呼ぶ。

姉妹サイト紹介
言葉

(1)ジェネラリスト | 詳しく調べる

意味多くの異なった興味の対象について薄っぺらな知識以上のものを得る地位にいる現代の学者

言葉

(1)婦人標準服 | 詳しく調べる

意味日本婦人が常用すべきものとして第二次世界大戦中に制定された婦人服。 洋服型の甲号と和服型の乙号のそれぞれに一部式・二部式があった。そのほか、袂を切った和服の上衣に、下衣は「もんぺ」またはスラックスという活動衣もあった。

言葉

(1)太白山脈 | 詳しく調べる

意味朝鮮半島の東部、日本海沿岸に沿って南北に走る山脈。元山(Wonsan)(ゲンザン)付近から釜山(Pusan)(フザン)付近まで、全長約600キロメートル。 金剛山(Kumgang san)(コンゴウザン)・五台山(Odaesan)・太白山などがあり、最高峰は雪岳山(Soraksan)(1,708メートル)。 太白山西部から小白山脈(Sobaek Sanmaek)(ソベク山脈)が南西に連なる。 朝鮮名で「テーぺク山脈」,「テぺク山脈」,「テーベク山脈」とも呼ぶ。[2]たいはくさん(太白山)

言葉

(1)ロリポップ | 詳しく調べる

意味棒付きキャンディー。 「ぺろぺろキャンディー」,「ぺろぺろキャンデー」とも呼ぶ。

言葉

(1)スイーツ女子 | 詳しく調べる

意味流行ばかり追う、中身のない薄っぺらい女性のこと。

姉妹サイト紹介
言葉

(1) | 詳しく調べる

(2)上部 | 詳しく調べる

意味穴(特に容器のてっぺんにある穴)を覆う物

言葉

(1)ペリシテ人 | 詳しく調べる

意味紀元前1200年ころ、エーゲ海上からパレスチナ海岸地方に侵入・移住した非セム系民族。 好戦的でイスラエルの民を圧迫したので『旧約聖書』では悪く扱われている。また、エジプト人を含む近隣の民が行っていた割礼を行わない民として、イスラエルの民はペリシテ人を軽蔑した。 「ぺりしてじん(ペリシテ人)」,「フィリスティア人(Philisti-as)」,「フィリスチア人」,「フィリスティン([英]Philistine)」とも呼ぶ。い(割礼)

言葉

(1)丸ペン | 詳しく調べる

意味細密描写などに用いる、筒状の細いペン先。 インク溜りまでの切れ込みが短く、均一な細い線が描ける。すぺん(ガラスペン,ガラス・ペン),てつどうぺん(鉄道ペン)

言葉

(1)ローファー | 詳しく調べる

意味表面はモカシンに似ているが広いぺしゃんこの踵がついているもの

言葉

(1)煽り | 詳しく調べる

(2)後流 | 詳しく調べる

意味飛行機のプロぺラによって後方へ吹きやられる空気の流れ

1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]

検索方法選択

検索条件を指定して、「探す」ボタンで検索できます。検索結果をカテゴリで絞りたい場合はカテゴリを選択してから「探す」ボタンを押してください。
に関係する言葉
品詞
種類
表示言語

類似検索ワード

「ぺ」に関係する動物
「ぺ」に関係する国名
「ぺ」に関係する植物
「ぺ」に関係する人名
「ぺ」に関係する地名
「ぺ」に関係する駅
「ぺ」に関係する名詞
「ぺ」に関係する動詞
「ぺ」に関係する形容詞
「ぺ」に関係する副詞


ページの先頭へ