にに関係する言葉

検索結果

1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉

(1)冠位十二階 | 詳しく調べる

意味 603[推古11]に制定された位階。朝廷での席次を示す制度。 儒教の徳目を参考にして冠名を徳・仁・礼・信・義・智とし、さらに大・小に分けて十二階とした。 冠衣を色は、六種の色(紫・青・赤・黄・白・黒)とその濃淡によって区分けされ、各位階に相当する服の色という意味で「当色(トウジキ)」と呼ばれた。

言葉

(1)白村江の戦い | 詳しく調べる

意味 663[天智 2]日本軍が朝鮮西南部の白村江で新羅(シラギ)と唐の水軍と争い敗走した戦い。 高句麗(コウクリ)と争っていた唐と新羅(シラギ)が同盟し、百済(クダラ)は窮地に立ち、 660[斉明 6][義慈20]日本に救援を求めた。日本は二万七千人の大軍を支援に送ることになり北九州に本営を置いたが、斉明天皇が崩御(ホウギョ)して延期となる間に、百済は滅亡した。 天智天皇が救援を継承し、日本は百済の復興を画して百済の王子豊璋(ホウショウ)を奉じ、白村江を遡行(ソコウ)。唐将劉仁願(Liu Renyuan)(リュウ・ジンガン)が率いる唐・新羅の連合軍と戦って敗れ、百済の有力者三千名を伴って撤退し、日本の朝鮮進出は終った。 「白村江(ハクソンコウ)の戦い」,「白江口(ハクコウコウ)の戦い」とも呼ぶ。(神籠石)

言葉

(1)大宝律令 | 詳しく調べる

意味 701(大宝元)制定され、翌年施行された律令政治の基本法典。律6巻、令11巻からなるが、古代末期に散逸し現存しない。 文武天皇の命で刑部(オサカベ)親王・藤原不比等(フヒト)・粟田真人(アワタノマヒト)らの編纂で、養老律令の施行まで行われた。しかし、両者の内容は大差がない。養老令の注釈書『令集解(リョウノシュウゲ)』などから条文が推定されている。

言葉

(1)鴻臚井碑 | 詳しく調べる

意味 713(和銅 6)渤海国(Bohai Guo)(ボッカイコク)の建国者大祚栄(Da Zuorong)(ダイ・ソエイ)が唐の玄宗(Xuanzong)から渤海郡王に封ぜられたことを記念し、現在の中国遼寧省(Liaoning Sheng)(リョウネイショウ)旅順市(Luishu Shi)に建てられた石碑。 横3メートル、高さ1.8メートル。

言葉

(1)両税法 | 詳しく調べる

意味 780(宝亀11)<建中元>中国の唐代に制定された税制。 徳宗(De Zong)の時に宰相楊炎(Yang Yan)の献策による。 夏期は冬作麦田、秋は夏作粟稲田の両回徴税するもので、原則は銭納であった。

言葉

(1)会昌の廃仏 | 詳しく調べる

意味 845(承和12)<会昌 5>唐の武宗により断行された仏教弾圧。 「三武一宗(サンブイッソウ)の法難(ホウナン)」の一つ。

言葉

(1)昌泰の変 | 詳しく調べる

意味 901(昌泰 4. 1.)右大臣(ウダイジン)菅原道真(スガワラノミチザネ)が左大臣(サダイジン)藤原時平(フジワラノトキヒラ)の讒言(ザンゲン)により大宰権帥(ダザイノゴンノソチ)に左遷(サセン)され、 903(延喜 3)配所の大宰府(ダザイフ)で病没したこと。

言葉

(1)燕雲十六州 | 詳しく調べる

意味 936(承平 6)中国五代の後晋(Hou Jin)(コウシン)( 936~ 946)の石敬(「王」偏+「唐」)(Shi Jingtang)(セキ・ケイトウ)が建国援助の代償として契丹(Qidan)(キッタン)に割譲した土地。 その後、契丹の中国侵入の拠点となる。 五代の後周(Hou Zhou)( 951~ 960)が回復を試みたが成功せず、宋(Song)の太宗も撃退された。〈十六州〉幽州(Youzhou)(現:北京市内)。順州(Shunzhou)(現:北京市内)。儒州(Ruzhou)(現:北京市内)。檀州(Tanzhou)(現:北京市内)。薊州(Jizhou)(現:天津市内)。(三水+「豕」)州(Zhouzhou)(現:河北省内)。瀛州(Yingzhou)(現:河北省内)。莫州(Mozhou)(現:河北省内)。新州(Xinzhou)(現:河北省内)。(「女」偏+「為」)州(Guizhou)(現:河北省内)。武州(Wuzhou)(現:河北省内)。蔚州(Weizhou)(現:河北省内)。応州(Yingzhou)(現:山西省内)。寰州(Huanzhou)(現:山西省内)。朔州(Shuozhou)(現:山西省内)。雲州(Yunzhou)(現:山西省内)。

言葉

(1) | 詳しく調べる

(2)香蒲 | 詳しく調べる

意味 イネ目(Poales)ガマ科(Typhaceae)ガマ属(Typha)の多年草。 花粉は薬用(止血・利尿剤)になる。

言葉

(1)天王洲アイル駅 | 詳しく調べる

意味 東京都品川区東品川にある、東京臨海高速鉄道(りんかい線)の駅。 東京テレポート駅と品川シーサイド駅の間。

言葉

(1)ボンバルディア | 詳しく調べる

意味(1)が世界最初に製造したスノーモービル。

言葉

(1)トピアリー | 詳しく調べる

意味(1)で、樹木を幾何学模様や動物・鳥などの形に刈り込んだ庭園。

言葉

(1)サルコファガス | 詳しく調べる

意味(1)で製した古代の石棺(セッカン)。 特に、精巧な彫刻などが施され、埋葬されないもの。

言葉

(1)恵比寿膳 | 詳しく調べる

意味(1)と同様に据(ソ)えた膳。 非礼・不吉として忌(イ)まれること。 「横膳」,「側膳」,「左膳」,「戎折敷」とも呼ぶ。

言葉

(1)足曳き | 詳しく調べる

意味(1)など、軍旗に関する諸儀式で吹奏する曲。

姉妹サイト紹介
言葉

(1)和紙 | 詳しく調べる

意味(1)に似せた機械漉きの紙。 故紙(コシ)・化学パルプ・ボロ布(襤褸布)・マニラ麻やミツマタの繊維などで作られる。 チリガミ(塵紙)・京花紙(キョウハナガミ)・障子紙・書道用紙・仙花紙(センカシ)など

言葉

(1)お亀 | 詳しく調べる

(2)阿亀 | 詳しく調べる

意味(1)に似た、器量の悪い女の人をあざけっていう言葉。 「おたふく(お多福,阿多福)」とも呼ぶ。

言葉

(1) | 詳しく調べる

(2) | 詳しく調べる

意味(1)に似たもの。

言葉

(1)ハロー帽 | 詳しく調べる

意味(1)に似た帽子。 板前などの白い被(カブ)り物。

言葉

(1)ひょっとこ | 詳しく調べる

意味(1)に似た顔の男。口のとがった醜男(ブオトコ)。

姉妹サイト紹介
言葉

(1)科文 | 詳しく調べる

意味(1)に分けられた段落。 「分科」,「科段」とも呼ぶ。

言葉

(1)ユズ酢 | 詳しく調べる

(2)柚酢 | 詳しく調べる

意味(1)に塩を混ぜて煮返した調味料。 (1)に比べ保存が利(キ)く。 主に焼魚・蒸魚などの魚料理にかけて風味を付けるのに用いる。

言葉

(1)水盛 | 詳しく調べる

(2) | 詳しく調べる

意味(1)に用いる道具(水準器)。 細長い角材の上面に溝を掘ったもので、これに水を盛って傾斜を測り水平を得る。 「みずばかり(水準,水計り)」,「みずはかり(水準,水計り)」,「水縄(ミズナワ)」,「水尺(スイシャク)」とも呼ぶ。

言葉

(1)熊のプーさん | 詳しく調べる

意味(1)に登場するクマの主人公。

言葉

(1)ハンプティー・ダンプティー | 詳しく調べる

意味(1)に登場する卵を擬人化した男。 大きな卵に顔と手足をつけた姿で、塀の上から落ちて割れてしまう。 キャロル(Lewis Carroll)の『鏡の国のアリス(Through the Looking-Glass)』にも登場する。 「ハンプティダンプティ」とも呼ぶ。

姉妹サイト紹介
言葉

(1)ゴブラン織 | 詳しく調べる

(2)ゴブラン織り | 詳しく調べる

意味(1)に類似した織物。

言葉

(1)青海波 | 詳しく調べる

意味(1)のの舞曲に用いる服に描かれている、波形の染め模様。また、それと同様の波模様。 波が無数に重なって、縁起の良い柄(ガラ)とされる。

言葉

(1)五分刈り | 詳しく調べる

意味(1)のように刈った頭。 「毬栗頭(イガグリアタマ)」,「毬栗」とも呼ぶ。

言葉

(1)女騙し | 詳しく調べる

意味(1)のように女の人をだましてばかりいる遊び人。

言葉

(1)金毘羅船々 | 詳しく調べる

(2)金毘羅船船 | 詳しく調べる

意味(1)の三味線の音に合せて行うお座敷芸の一種。 二人がお膳や座布団などを挟んで向い合い、徳利(トックリ)の袴(ハカマ)を置いて交互に手を出し、袴を取ったり取らなかったりしながら、袴があるときはパーを出し、ないときはグーを出し、間違えた方が負けとなる。 間違えなかったら袴を取った方は次に袴を出して、曲を少しづつ速めて間違うまで続けられる。 また、袴は3度つづけて取ってはならない。

言葉

(1)内つ官家 | 詳しく調べる

(2)内官家 | 詳しく調べる

意味(1)の各地にあった官府。

言葉

(1)角乗 | 詳しく調べる

(2)角乗り | 詳しく調べる

意味(1)の技術を使い、水上の角材を足で転がせてみせるなどの軽業(カルワザ)。 また、二人が1本の角材に乗って転がし、どちらが長く乗っていたかを競うものもある。

言葉

(1)ミユビゲラ | 詳しく調べる

(2)三指啄木鳥 | 詳しく調べる

意味(1)の日本固有の亜種。 種の保存法により国内希少野生動植物種にも指定。 環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種1A。

言葉

(1)明け六つ | 詳しく調べる

(2)明六つ | 詳しく調べる

(3)暮れ六つ | 詳しく調べる

(4)暮六つ | 詳しく調べる

意味(1)の時刻に鳴らす鐘。その音。

言葉

(1)マキ | 詳しく調べる

意味(1)の果実。 径5ミリメートルくらいの球形。黒に近い深紫色で光沢がある。 アントシアニンが豊富な食品。 「マキベリー(maquiberry)」とも呼ぶ。

言葉

(1)ぷちぷち | 詳しく調べる

(2)プチプチ | 詳しく調べる

意味(1)の空気層を指で押して潰(ツブ)すこと。特に、その空気層を一つ一つ潰しいく暇潰(ヒマツブ)しのこと。 一つ潰すことによって小さな快感と、一枚すべてを潰した達成感が味わえるというもの。

言葉

(1)ケイガイ | 詳しく調べる

(2)荊芥 | 詳しく調べる

意味(1)の花穂を乾燥させた生薬(日本薬局方)。 発汗・解熱・止血などに用いる。

言葉

(1)バングル | 詳しく調べる

意味(1)や首飾り(necklace)にさげる小円形の飾り。

言葉

(1)カルメン | 詳しく調べる

意味(1)をもとにしたビゼー(Georges Bizet)作曲の歌劇。全4幕。「ハバネラ(abanera)」・「闘牛士の歌(Chanson du Tore-ador)」などが有名。

言葉

(1)藻塩 | 詳しく調べる

意味(1)を作るために汲む潮水・海水。

言葉

(1)小倉アイス | 詳しく調べる

意味(1)を棒につけたアイスキャンディー。 「アズキアイス(小豆アイス)」とも呼ぶ。

言葉

(1)雲龍 | 詳しく調べる

意味(1)を画題に描いた図や茶道具など。 「うんりょう(雲竜)」とも呼ぶ。

1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]

検索方法選択

検索条件を指定して、「探す」ボタンで検索できます。検索結果をカテゴリで絞りたい場合はカテゴリを選択してから「探す」ボタンを押してください。
に関係する言葉
品詞
種類
表示言語

類似検索ワード

「に」に関係する動物
「に」に関係する国名
「に」に関係する植物
「に」に関係する人名
「に」に関係する地名
「に」に関係する駅
「に」に関係する名詞
「に」に関係する動詞
「に」に関係する形容詞
「に」に関係する副詞


ページの先頭へ